どうせ支払うならローンの方が得

賃貸で家賃を支払っているなら

家を購入せずに賃貸マンションやアパートを利用している人も多く存在します。賃貸の場合は、いつでも気軽に引っ越しができることがメリットですが、毎月の家賃が必要になりますし、駐車場も借りている場合はその費用も発生します。住んでいる間はずっと支払いを続けることになりますが、長く住むとなるとかなりの出費となります。そして、いつまで家賃を支払い続けていても、その物件は自分の資産として残すことはできません。家を購入する場合も多くの費用が発生しますが、いずれは家や土地は自分の資産になりますので、家賃を払い続けるよりもローンのほうがお得になることもあります。現在支払っている家賃や、光熱費がどれぐらいなのか、収入とのバランスもふまえてどちらがお得になるの考えてみましょう。

自由な設計ができる注文住宅

家を購入する場合は、やはり新築を選びたいと考える人は多いのではないでしょうか。新築で購入する方法としては、大きく分けて建売と注文住宅があります。建売の場合は、土地と込みで安く購入できますが、自由度は低く細かな要望を入れるのは難しいものがあります。その点、注文住宅は自由に設計ができますし、細かな部分までこだわりを持てることがメリットです。費用が高くなるというイメージもありますが、お金を掛けたいところと、安く済ませたいところを自由に選ぶことができますので、工夫次第では安く理想の家を持つことができます。他にはない世界でひとつだけの家を持てることも注文住宅を選ぶメリットです。すでに建てられた家とは違い、建築現場を確認できることも安心感があります。