マイホームは資産が持てる

家を手に入れることが社会的信用につながると考える

注文住宅を建てるにあたってはさまざまなメリットがありますが、中でも一番大きなメリットとしてあげられているのは固定的な資産を手に入れられることです。マイホームという固定資産を手に入れることによって、社会的な信用を勝ち得ることにつながると考える人が多くなります。というのも、マイホームというのは社会的に経済的な価値が認められている資産として、最も象徴的なものだからです。その理由としてあげられているのは、土地を手に入れられていること、持ち家があれば住む場所への心配がないことがあります。家賃を毎月支払うよりも、土地・家屋のある住まいに住むことは、信用につながると考える金融機関をはじめとした人が多いからです。

長期間資産として認定されやすくすると更によい

家賃という消費資産を支払い続けることよりも、住宅ローンを支払って結果として注文住宅を手に入れることによって得られる信用は高いものと判断されやすいです。また、注文住宅は建売住宅よりも個人の好みや希望によって建てられている以上、質が高いものと考えられる場合が多いといいます。物件の価値は一律で下落する物ではない以上、保有していることによって資産としての価値を評価される可能性が高いです。ただし、注文住宅であっても設備や内装にこだわるのではなく、耐久性や耐震性に対して配慮した工事をしたものの法が、資産価値が下がりにくいといわれています。そのため、数十年後であっても資産価値を下げにくくするためには、耐久性や耐震性にこだわって作ることが望ましいでしょう。